うつ、不眠、、パニック障害、精神疾患 ,食事,セロトニン 食事

セロトニンと食事

セロトニンと食事がなぜ関係があるのかと言えば、神経伝達物質であるセロトニンは食物に含まれるトリプトファンから合成されるために食事からそれを摂取する事が最も適切な摂取の仕方であるからです。

 

 

 

 

神経伝達物質についてもっと詳細を知りたい方は下記にWikipediaの神経伝達物質をリンクしていますので、そちらをご確認下さい。
↓↓↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E4%BC%9D%E9%81%94%E7%89%A9%E8%B3%AA

 

 

 

 

セロトニンと食べ物、脳と食べ物の関係をもっと詳しく知りたいという方には下記の書籍もおススメです。精神疾患のうつ、不眠、パニック障害の原因は結局のところは脳内の神経伝達物質であるという事が分かってきており、その原因がセロトニン不足であるという共通点がるので精神疾患として知られているものの殆どがセロトニンを補給してやるような生活をする事によって改善が期待出来るという事は現在のところ事実として認識されています。

 

 

 

 

 

【PR】脳内伝達物質を活性化!"うつ"サプリ【セロトアルファ】

関連ページ

セロトニン食
セロトニンを増やす食品、栄養素について詳細に書いていきますので、セロトニン欠乏が原因のうつ、不眠、パニック障害でお悩みの方は食生活の改善も試して下さい。