神経伝達物質

精神的な問題のメカニズム

精神的な問題というと、「気持ちひとつで変わる」というようなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、うつ、不眠、パニック障害というのは脳内の神経伝達物質の状態によって引き起こされるという事が近年の研究によって理解されてきています。

 

 

 

 

神経伝達物質が脳の神経と神経との間をスムーズに伝達され、過不足がない状態であれば良いのですが、ストレスなどによって神経伝達物質の過不足が引き起こされて精神疾患が発現するという事になります。

 

 

 

 

つまり、気の持ちようとかそのようなレベルのお話ではなく、精神疾患というのは脳機能障害と言えるわけです。パニック障害などのように特に身体的に辛い状態になるものもあります。パニック障害では過呼吸が起こったりして意識を失う事まであります。

 

大切な脳内伝達物質のセロトニン

精神的につらいという状態というのは心の問題と捉えられていて「気の持ちよう」というように言われる事もありますが、脳内の伝達物質の過不足が引き起こしているという事もあります。脳内の異常という点も見逃してならない事であると思います。

 

 

 

 

精神的な事に大きく関与していると言われているのが「セロトニン」という脳内の神経伝達物質です。セロトニンが不足する事によって脳内の神経伝達物質の中間的役割をする事でバランスを取るという機能が低下する事によってあらゆる症状が出てくるという事が近年の研究で分かってきています。

 

 

 

 

セロトニンを心を落ち着かせるという役割を担っています。身体的な反応で言えば激しい緊張などの緩和などのセロトニンが調整をしてくれているから興奮し過ぎないように調整されているわけです。しかしながらセロトニンが不足をするとその調整機能というのが上手に働かない状態になりますから、過呼吸、酷い動悸、焦燥感、不安、夜に眠れないという症状が出てくるわけです。

 

 

 

 

管理人のパニック障害体験談

管理人の私自身がパニック障害を患っていますので、動悸が激しくなり過呼吸になるとか、ふらふらする、気を失いそうになるという経験がありますし、予期不安と言われる状態も経験をしています。また電車に乗れないという事も経験してきました。夜に眠る事が怖くなったり、眠った際にこのまま死んでしまったら・・・・と不安になってしまって全く眠れないという状態にまでなりました。本当に限界が来てようやく少し眠る事が出来るのですが、起きるとすぐに動悸が激しくなり、また倒れそうになったりするという事を何度も繰り返していました。そして、これはおかしいと思いネットで調べたところ「パニック障害」という事に気がつき、心療内科でジャイゾロフト、メイラックスという薬を処方してもらい落ち着きましたが、2007年にパニック障害を発症してから、まだ薬を飲み続けていて治療中です。

セロトニンを増やすサプリメントならセロトアルファが人気

セロトニンを手軽に増やせるサプリメントとしてセロトアルファが大変人気が出ています。

セロトアルファ

セロトアルファ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名称: セロトアルファ
原材料名: 大麦醗酵物、トレハロース、焼成カルシウム、HPMC(植物由来カプセル)、澱粉分解物、フェルラ酸(米糖由来)、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素、カラメル色素
内容量: 90粒入 31.50g 
(1粒重量 350mg、1粒内容量 290mg)
保存方法: 直射日光を避け、風通しがよく湿気の少ない場所に保管してください
発売元: アイシー製薬株式会社
東京都大田区蒲田5-29-3 酒巻ビル9F
栄養成分表示: 【1日摂取/目安量3粒/(1.05g)当り】
エネルギー 3.024kcal
たんぱく質 0.054g
脂質 0.042g
炭水化物 0.610g
ナトリウム 1.155mg
カルシウム 105.000mg

 

※特許成分含有 焼成カルシウム(特許第3650871号)
※お召し上がり方

 

1日3粒を目安に、水又は白湯でお召し上がり下さい。
本品は天然素材を製品化していますので、安心してお召し上がり下さい。
ごくまれに体質に合わない場合はご利用を控えて下さい。
食生活は主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。

 

 

 

セロトアルファ

 

精神的な問題のメカニズム